卵管造影検査の当日の病院の流れと痛みと時間!普通にヤバい

卵管造影当日の病院

 

私、卵管造影当日まで、めちゃくちゃネットサーフィンしました。

 

「卵管造影、痛い・・」

「生理痛みたいな痛み」

「我慢できる鈍痛や」

「まったく痛くなかった」

 

星の数ほどいる卵管造影経験者のレディたちの話をあれこれ読み漁った。

 

 

だけど・・・卵管造影検査の当日の私は衝撃をうけました。

 

 

病院の流れ

 

「はい、卵管造影検査をしますよ。おしっこためておいてね〜」

 

「トイレ行ってないので大丈夫です」

 

 

看護師さんにそう答えて、手術着のような格好に着替えます。

 

それからいつもの卵胞をチェックする施術台に寝転がり、いつものように先生に内診してもらいます。

 

 

「今日は卵管造影検査なので、管をいれますね〜」

 

 

管?( ^∀^)

 

 

卵管造影の液体を流す時に超痛いとか・・そういう話はネットで何度もみたけど、管ってなに?

 

 

そう思ったのもつかの間・・・・・・

 

「いでーーーーーーーっ( ´Д`)!!!!」

 

「ちょ、、、、これ・・・・」

 

 

はい。

 

私、卵管造影検査で何が痛いって、管を入れるのがめっちゃ痛かったんです。

 

これも個人差があるみたいで、管を入れるのはまったく痛くないって人も多くいるなかで、私は管がめちゃくちゃ痛くて、逆に造影剤を流すのはまったく痛みがなかった。

 

 

もう涙はでるし、出血するんじゃないかって心配にもなったし・・。

 

 

だけど、卵管造影検査の結果は異常なし。

 

ようするに・・・・

 

とくに旦那も私もこの時点では原因がわからなかったんですね。

  

初めての人工受精が陰性!病院によってうまい下手はあるのか?

1回目の初の人工授精は陰性でした

 

「20代だからすぐできるよ!」と言われていたのに、1回で出来なかった・・。

 

このとき、けっこう私、ショックでした(笑)

 

 

できちゃった結婚をする人も世の中にはたくさんいる、

 

たった1回避妊しなかっただけで妊娠する人もいる・・。

 

 

それなのに私は8回もタイミングとってもできなくて、9ヶ月目で人工授精までしたのに妊娠できない。

 

 

WHY??( ^∀^)

 

 

このとき本当にうっすらとですが・・「私って出来にくい体質なのかな?ちょっとやばかったらどうしようかな?」という思いが頭をよぎりました。

 

まさかここから4年間苦しむことになるなんてね。

 

 

人工授精の陰性は病院の先生のせい?

 

1回目の人工授精が陰性におわり・・

 

私は誰を恨んだかって、病院の先生を疑いました。

 

 

「あんなに高温期に体温めたのに?」

 

「タイミングはばっちしで、旦那の精子も良好なのに?」

 

 

ちなみにこのときの旦那の精子は運動率90パーセント、数は十分すぎるほど足りていた。

 

 

そこでネットで調べてみると、「なかなか妊娠できない場合は病院を変えてみるといい」と書いてある。

 

 

はは〜ん・・。ここの先生って下手くそなのかもしれん。

 

 

そう思った私は、ソッコーで先生に失礼だけどこう言いました。

 

 

「先生!わたし、違う病院に転院したいです!」

 

 

実際、最初のこの病院でタイミング法だけで妊娠した人だってたくさんいるし、人工受精だって成功率もきちんと実績があった。

 

だけど・・私には合ってないのかもしれない!

善は急げだ!!

 

 

そう思った矢先、先生から「ちょちょちょ、、ちょっとまった」の言葉が・・。

 

 

「まだ人工授精1回だよ?」

 

「体外に進むなら転院先を紹介するけど、人工授精ならここでもできるよ?」

 

 

今思えば悪い先生ではないので、私の切り替えの早さと、焦っている様子に先生までオロオロ・・・!

 

 

 

そこで先生から、「とりあえず女性側の原因を探るために、卵管造影っていう検査をしましょう」と提案されます。

 

 

「卵管造影検査って・・・なに?( ^ω^ )」

 

 

この次の病院で・・・・私は人生初の痛みを感じることになるなんて、このときは思ってもいなかったのです。

 

セックスレスの末の不妊治療専門クリニックへ

子供が欲しいねと旦那と相談

 

結婚して半年。

 

私の兄夫婦が妊娠をした。

 

さらに高校時代からの友人N(市外だが、たまに会う仲)が3人目を出産した。

 

そんな報告もあり、私も自分も26歳になるしそろそろ子作りを考えようかな?と思い、そのことを旦那にざっくばらんに宣言。

 

「あのさ!そろそろ子供ほしくない?」

 

「そうだね〜。」

 

「じゃあさ、避妊しないでしてみようよ」

 

 

この会話から、ついに私達・・付き合って結婚までのレス歴1年半年を解禁して、夫婦生活をスタートさせました。

 

幸いにも、旦那は私が「今日してみよう!」と言えば協力的だった。

 

 

こりゃすぐ妊娠できるかも?と思ったけど、アプリのルナルナの排卵日に合わせてタイミングをとっても妊娠しない・・。

 

 

半年が過ぎた頃、職場の先輩から「病院でちゃんと排卵日をみてもらったほうがいいよ。ルナルナはけっこうずれるから」とアドバイスをされます。

 

 

まずは普通の産婦人科

 

それからしばらくして、まずは地元のふつーの産婦人科へ行きました。

 

初めての内診にドキドキしながらも、卵胞をみてもらったりして、タイミング法からトライすることに。

 

「まだ20代なら、排卵日の2日前からタイミングをとればすぐ妊娠できるよ」

 

と先生はめちゃくちゃ前のめりな話を・・。

 

 

だけど、少し気になるのが私は生理周期がめちゃくちゃ長くて、長いときで42日周期とかのときもあるんです。

 

だけど、そこは普通の産婦人科で先生の知識がないのか、「生理がきてないわけじゃないし、そういうサイクルの人もいるよ」と言われ、卵胞をみながら先生に言われた日に夫婦でタイミングをとる。

 

 

だけど・・半年たってもできない。

 

 

そこで、初めてネットでいろいろ妊娠について調べてみると、「体が冷えているのは妊娠によくない!」ということを知って、ひたすら温活をスタートさせました。

 

 

まずは、職場で事務服はとにかく寒かったので足元にこちらの温活シートをはって、足首から温めました。

 

 

これだと、厚めのタイツを上から履けばバレないし、事務服でも温活できたのがありがたかった・・。

 

職場は暖房はついているけど、やっぱり事務服だと暖かい格好をするのにも制限がありますよね。もこもこ靴下なんて履くわけにいかないし・・。

 

 

だけど、今思えばこのときから私の「不妊治療」「妊活」に対する調べ癖がついたのだと思います(笑)

 

 

8ヶ月目で初めての人工受精

 

私が初めて人工授精をしたのは、普通の産婦人科でした。

 

旦那の精液検査をして、「異常なし」と言われたのをきっかけに、とにかくすぐに赤ちゃんがほしくて1回くらい人工授精してみようと思ったのです。

 

いろんな人の話をネットで読んでみると、人工授精は体外よりも安くできるし、1回で1万〜2万くらい。

 

 

さらに20代なら成功率がくそ高い!という話なので・・・・

 

このときの私はまだまだ自信があったので

 

「たった1回の人工授精ですぐ妊娠できちゃえば、安いものだよね」

 

と思い、ソッコーで先生に「来月やります」と言いました。

 

 

だけど・・・・結果は陰性!!

 

避妊をやめたらすぐに妊娠できると思っていたら甘かった件

 

結婚1年目・・

 

私は栄養士として地元でフルタイムの正社員で働いていて、

 

旦那は市外の工場で技術者として働いていた。

 

 

 

付き合ってから結婚まで喧嘩もほとんどなくて、「もうすぐ9年目だね〜」なんて言いながらのアパート生活。

 

 

お互い地元が一緒なので、車で15分くらいの距離にお互いの実家がある場所。

 

 

お互いの親との関係も、まぁまぁ良好だし仕事は順調だし、友達は当たり前に超少ないけど悩みなんてなかった。

 

 

強いて言えば、1LDKのアパートの部屋がすげー汚い(掃除嫌い)なことと、私が仕事終わって18時くらいにアパート戻って、旦那が帰ってくる20時までの間に夕飯の準備と、洗濯と風呂掃除をゴゴーーーーッとおわすのが大変なくらい。

 

 

だけど、もとからあんまりストレスも溜まらない性格で、のんびりそれもやっていた。

 

 

 

が・・・

 

そんな私たちの唯一の悩みといえば!

 

 

 

セックスレスなことでした(笑)

 

 

 

夜寝るまえに、さっきまで一緒にみていたアニメの感想を語り合ったり、毎日同じ布団で寝て、毎日一緒に風呂に入る。(それも借りてきたアニメを見終わった深夜1時くらい)

 

 

高2から付き合って、「結婚したいねー」なんて子供のように言い合っていた学生時代。

 

 

そのまま一度も別れることなくすんなり結婚したくらいの仲の良さ。

 

 

 

だけど・・

 

お互いに性欲が少ない。

 

 

 

そこである日、私のお母さんが言っていた。

 

 

「前の職場の友達のななちゃん(母の友人)が、3年間子供できなくて、今県外のふに人治療専用のクリニックに通ってるんだってー」

 

 

「へえ・・・」

 

 

当時、よくお母さんは私に

 

「結婚をしたなら早く子供を作りなさい」

 

と言っていたんです。

 

 

 

だけど私は当時まだ26歳。

 

 

「んなの、避妊やめたらすぐ妊娠しちゃうんだから、まだ夫婦二人の生活を楽しみたいよー」

 

と思っていました。

 

 

 

「なーちゃんは33才だから、思い切って体外に進むんだって」

 

「へぇー・・大変だねぇ」

 

 

お母さんの話はもちろんちゃんと聞いていたし(人の話あんま聞いてないタイプ)、お母さんの友達なだけに気の毒にも感じていました。

 

 

 

だけど。

 

 

たまたま、できにくいタイプだっただけで、自分はそうじゃないはず。

 

 

と、思っていたのです。

 

 

 

まさかね〜

 

自分がね〜

 

結婚してここから4年間も赤ちゃんができないなんて、本当思いもよらなかった。

 

 

アラサー主婦(29)のこぐまの人生奮闘記

今日からブログをつけます。

 

軽く自己紹介。

 

アラサー主婦こぐま

 

年齢29さい

旦那も29さい

 

出会いは高校。

 

 

高校2年から付き合って・・・

 

 

私は栄養士の短大へ。

 

旦那は技術職の専門へ。

 

 

そこから8年付き合って、結婚。

 

 

現在、結婚4年目。

 

 

新築の一軒家を2016年に建てて、オタク夫婦の夢だった漫画部屋を所有。

 

 

アニメ鑑賞も土日の休日含めて、毎晩しているとゆう、超インドア夫婦。

 

 

友達はお互いに少ないし、二人だけでぼそぼそ生活・・w

 

 

 

それなりに幸せだけど・・・

 

 

4年間ずーーっと妊活&不妊治療してました(;m;)

 

 

 

現在やっとこ妊娠中です!!

 

それまでの奮闘記を綴ります。